会員規約

第1条 目的

1.株式会社Workvation(以下「当社」)は当社が運営する無人卓球場施設「卓球BOX」に関して会員及び当社が遵守すべき事項と諸条件を明確にするため、本規約を定めます。
2.本施設は会員が本施設を利用して心身の健康維持及び増進を図る事を目的とします。

第2条 定義

本規約において以下に掲げる用語は次の各号の定める意味で用います。
 (1)「本施設」とは当社が運営する無人卓球場施設「卓球BOX」のことをいいます。
 (2)「入会」とは第6条の手続きを行い、当社との間で本施設を月々の定額制にて利用する契約を行うことをいいます。
 (3)「会員」とは第6条の手続きを経て、当社との間で本施設を月々の定額制にて利用する契約が成立した利用者のことをいいます。
 (4)「入会日」とは第6条第1項に定める契約が成立した日をいいます。
 (5)「退会」とは会員からの申し出に基づき、当社と会員の間の契約関係を終了させることをいいます。

第3条 適用

1.本規約は、本施設を利用できる会員全ての方に適用され、本規約の他、別途設定するルール、ガイドライン、当社が都度案内する追加規定及び今後提供する新サービス毎に規定・案内する個別規定等(以下総称して「個別規定等」といいます)も、名目の如何にかかわらず、本規約の一部を構成するものとします。
2.会員は本規約及び個別規定等に従うことを前提に、本施設に入会することができ、その後、本施設を利用することができます。なお、本規約及び個別規定等に記載の各条項に同意しない場合には、本施設を利用することはできません。

第4条 会員制度

1.本施設は会員制とし、会員は当社によって定められた月額利用料金を支払うことで本施設を利用できます。会員でない方の利用及び出入りはできません。ただし、ビジター利用の場合は、サイトからの予約の後利用が可能となります。
2.本施設に入会される方は、本規約及び個別規定等に同意した上で、当社の指定するWEBフォーム等により第6条に定める入会手続きを完了させます。
3.月額会員の本施設の利用は1日1回最大60分までとします。

第5条 利用資格

本施設の入会資格は以下の通りとし、その項目すべてに該当する方が利用資格を得ます。
 (1)本施設の目的・趣旨を理解し本規約及び個別規定等を同意した上で遵守できる方。
 (2)医師等により運動を禁じられておらず、本施設の利用に支障がない健康状態であると当社に誓約いただいた方。
 (3)伝染病その他、他人に伝染又は感染する恐れのある疾病を有しない方。
 (4)利用料金、入会金等、本施設に関して会員が当社に支払うべき費用の滞納をしていない方。

第6条 入会手続き

1.本施設に入会する際は、以下に定める手続きを行ない、当社がこれを承諾した場合に本施設の定額制利用に関する契約が成立します。
2.入会希望者は、入会に際し必要な情報(氏名、住所、連絡先、生年月日等、当社が定める一定の情報(以下「登録情報」という)を当社に対し当社所定のWEBフォーム等により提供し、当社は当該登録情報を当社のデータベースに登録します。
3.当社は入会の申し込みがあった際に所定の審査を行い、本規約及び個別規定等を遵守できない、又は遵守できないおそれがあると判断した場合には、入会を拒否できるものとします。

第7条 入会時料金及び月額利用料金

1.当社が別途定める入会時料金及び月額利用料金の支払い方法並びに支払時期については次の各号に定めます。
(1)入会時料金は、入会日に当社が指定するクレジットカード決済にてお支払いいただきます。
(2)入会後に発生する月額利用料金については、当月分を当月の1日に当社が指定するクレジットカード決済にて引落します。1日が土日祝の場合、翌営業日の引落しとなります。なお、月額料金の日割り計算は行わないものとします。
2.会員は、入会日から第19条に定める退会日までの会費について、別途当社が認める場合を除き、支払い義務を免れることはできません。
3.会員は、当社が提携する金融機関及び決済代行会社に決済に必要な情報を提供することと、入会時料金及び月額利用料金に関するクレジット決済業務を行うことに同意します。
4.当社は当社に債務不履行等の帰責事由がある場合を除き、会員から受領した入会時料金及び月額利用料金等当社に支払済の会費の返還は行わないものとします。

第8条 個別オプション

個別オプションを希望する会員は、当社所定の手続きを行い申込むものとします個別オプションは本施設の会員ではないと申込みをすることができません。本施設の個別オプションは、会員のニーズや状況に合わせて、随時案内するものとします。

第9条 個別オプションの変更

1.会員が自己都合により個別オプションを変更する場合は、オプションを変更する前月10日までに当社指定の方法にて続きを完了するものとします。(オプション申し込み時に別途説明致します)
2.変更手続きが完了した翌月1日から変更後の内容が適用されます。前月10日までに手続きが完了しなかった場合は、翌々月1日から変更後の内容が適用されます。

第10条 入店・退店・キャンセル

1.当社は、会員の施設利用に関して、利用毎にセキュリティキー(認証キー)を発行します。
2.会員は、認証キーを自己の責任において管理し、会員本人の本施設への入館の際に用いるものとします。本施設の利用時には、常に認証キーを携帯し、これを携帯していない場合には、本施設内に立ち入ることができません。
3.会員は、認証キーを紛失しないように管理する必要があります。認証キーの再発行は原則行いません。ただし、システムエラー等、当社の責に帰すべき事由による場合には、この限りはないものとし、当社は会員からの申し出に基づき、無償にて、認証キーの再発行を行うものとします。

第11条 告知義務及び通知義務

1.会員は、当社に提出する登録情報において事実を通知するものとします。
2.会員は、前項において通知した事実に変更が生じた場合、速やかに当社に通知し当社所定の手続きを行なうものとします。
3.会員が前各項の義務を怠ったことにより利用者又は第三者に生じた一切の損害について、当社は当社の故意又は重過失による場合を除き当該損害に対する一切の責任を負いません。

第12条 本施設利用時の遵守事項

1.本施設の利用時は、施設又は器具を傷つける可能性のある衣服、履物、服飾品又は装飾品等を着用しないこと。
2.次の各号に該当する方は本施設を利用できません。

 (1)2週間以内に、37.5度以上の発熱又は咳等の風症状があった場合。コロナウイルス感染症の濃厚接触者となり保健所の指定した待機期間中の方。
 (2)酒気を帯びた状態。
 (3)その他、第5条を遵守できていない方。
3.当社は次の各号に該当する行為を禁止します。
 (1)会員本人以外に本施設へ入場・利用をさせる行為。自身のセキュリティキーを貸し出す等により、会員以外に本施設を利用させる行為、及び会員以外の第三者を共連れにて入店・利用させる行為、その他、不正入店及びそれに準ずる行為。
 (2)本施設内の什器、備品を乱暴に扱う行為又は破損する行為(故意又は過失であるか否かを問わない。破損した場合は設備の弁償並びに使用できなかった期間の損害を賠償していただきます)
 (3)本施設内の秩序を乱す行為。
 (4)他の利用者に対する迷惑行為及び本施設の利用を妨げる行為。(故意又は過失であるか否かを問わない)
 (5)本施設内での物品の売買又は勧誘行為。
(営利であるか非営利であるかを問わない)
 (6)施設内で飲料水以外の飲食をする行為。
 (7)施設内及び店頭(駐車場含む)で喫煙する行為。
 (8)刃物等の危険物あるいは他者又は施設又は器具等を傷つける可能性のある物品の本施設内への持ち込み行為。
 (9)大声又は奇声を発する行為又は他の会員もしくは本施設のスタッフ等に対する暴力行為又は迷惑行為又は行く手を塞ぐ等の威嚇行為又は迷惑行為。
 (10)他の会員もしくは本施設のスタッフ等に対し、待ち伏せをする又は後をつける又はみだりに話しかける等の行為。
 (11)本施設の施設又は器具又は備品の損壊や無許可で備え付け備品を持ち出す行為。
 (12)その他、前各号に類する行為。
4.本施設利用後は、毎回会員自らで清掃を行い施設美化に努めること。

第13条 当社の免責事項

当社は次の各号について、責任を負わないものとします。
 (1)本施設内(駐車場を含む)、利用時においての怪我や事故。
 (2)本施設内(駐車場を含む)での金銭及び所持品の紛失及び盗難等の事故。
 (3)会員、利用者同士のトラブル。
 (4)第15条並びに第24条により本施設の利用ができないことによる損害。
 (5)利用者が本規約及び個別規定等を遵守しなかったことにより発生した損害。
前各号に類する損害等

第14条 会員の責任

1.会員は本施設の利用を会員自らの責任において行うものとします。会員は会員自身の行為の結果について一切の責任を負い、行為の結果生じた損害(弁護士費用等の一切の費用を含む)を負担するものとします。
2.会員は本施設の利用を通じて当社又は第三者(他の会員を含む)に損害を与えた場合には、会員自らの責任と費用負担において、その損害を賠償しなければならないものとします。
3.会員は自身の認証キー等の管理について一切の責任を負うものとし、第三者が会員の許可や知見なくこれらを使用することにより本施設を利用された場合、それにより生じる責任を会員は負うものとします。
4.会員は本施設の什器又は備品等を破損又は汚損又は毀損した場合(故意又は過失を問わず)、又は本施設に何らかの損害を与えた場合について、それにより生じる損害賠償に応じるものとします。
5.本施設は無人運営の為、会員自らが施設の清掃、備品等の管理を行うこと。設備に不具合が生じていることに気付いた場合は、当社へ速やかに連絡すること。

第15条 利用の制限

1.当社は本施設運営を円滑に行うため、会員による本施設の利用時間及び利用回数及び利用人数を制限できることとします。
2.当社は、前項の場合のほか、下記の場合に会員による本施設の利用を制限することができます。
 (1)本施設内の点検又は修理又は改装を行う場合。
 (2)当社が特別なイベント等を実施する場合。
 (3)天変地変その他当社の責に帰することのできない不可抗力により本施設が利用できない場合。

第16条 会員資格の譲渡、貸与の禁止

1.会員は、会員資格を他に譲渡又は相続その他包括承継又は貸与できません。
2.当社が本施設にかかる事業を第三者に譲渡する場合には会員の承諾を得ることなく、本規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報その他顧客情報等を含む本契約上の地位を当該事業の譲受人に譲渡することができるものとします。なお、このことは事業譲渡のみならず、会社分割やその他事業が移転するあらゆる場合においても同様とします。

第17条 会員証

1.当社は、会員に対して入場用セキュリティキー(認証キー)を発行するものとし、その認証キーの使用は会員本人に限定します。
2.会員は本施設の利用にあたり認証キーを使用します。認証キーを所持していない場合はいかなる場合においても本施設内に立ち入ることはできません。

第18条 自動継続

会員資格は、会員による退会手続きを行った場合を除き、自動的に継続されます。

第19条 退会

1.会員が自己都合により本施設を退会する場合は、当社所定のWEBフォームにより退会届を提出し手続きを完了するものとします。
2.会員は、各月20日までに退会の手続きを完了した場合はその月の末日をもって退会することができます。尚、退会日までの、在籍期間中の入会時料金及び月額利用料金は本施設利用の有無を問わず、その支払い義務を負います。
3.会員は、入会時料金及び月額利用料金が未納の場合は、本条第1項の退会届の提出までに完納するものとします。
4.会員が、自己都合により入会時料金及び月額利用料金を3か月以上滞納した場合は、自動的に退会扱いとします。但し、滞納分については完納いただきます。

第20条 会員資格の喪失

1.会員は、次の各号に該当する場合、会員資格及び会員として有する如何なる権利をも喪失するものとします。
 (1)第19条に定める退会を申し出、当社がこれを承認したとき。
 (2)第21条により除名されたとき。
 (3)会員本人が死亡したとき。
 (4)当社が事業の撤退などやむを得ない事情により本施設の全部を閉鎖したとき。
 (5)会員が会員資格を喪失した場合、当社は、既に会員より支払われた入会時料金及び月額利用料金を一切返還しないものとします。

第21条 会員の除名

1.会員が次の各号に該当する場合、当社はその会員を本施設から除名する事ができます。
 (1)第5条に定める入会資格を喪失したとき。
 (2)当社に提供した登録情報に虚偽の内容が含まれていたとき。
 (3)第12条に定める遵守事項に違反したとき。
 (4)本施設の本規約及び個別規定等に違反したとき。
 (5)法令や公序良俗に反する行為があったとき。
 (6)入会時料金及び月額利用料金の支払いを滞納し催告を受けても完納しないとき。
 (7)その他当社が本施設会員としてふさわしくないと認めたとき。
2.会員が前項各号のいずれかに該当する場合、当社は利用者との間に成立した本施設利用に関する契約を解除できるものとします。なお、この場合、会員は当該解除によって発生した損害の賠償請求及び当社に支払済の金員の返還等の請求はできないものとします。

第22条 施設利用の禁止、退場

1.会員が次の各号に該当するとき、当社は当該会員に対して本施設利用の禁止又は退場を命じることができます。
 (1)本規約及び個別規定等を遵守しないとき。又は当社の指示に従わないとき。
 (2)その他、正常な本施設利用ができないと当社が判断したとき。

第23条 施設利用の禁止、退場

1.次の各号に該当するとき、本施設は施設の全部又は一部の閉鎖もしくは休業をすることができます。その場合、緊急の場合を除き原則として一週間前までに会員に対しその旨を告知します。当該閉鎖並びに休業それぞれの原因及び理由及び期間等にかかわらず、会員の会費支払い義務が軽減されたり免除されたりすることはありません。
 (1)気象災害、その他外因的事由により、その災害が会員に及ぶと判断したとき。
 (2)本施設の増改築、修繕又は点検によりやむを得ないとき。
 (3)臨時休業等によるとき。
(4)その他、法令等に基づく関係官庁からの指導による場合等の重大な事由によりやむを得ないと当社が判断したとき。
2.前項各号の一時的閉鎖、一時的休業については、当社のホームページ、その他当社が定める方法により通知します。

第24条 遅延損害金

会員が当社に対する入会時料金及び月額料金その他支払うべき金員の支払いを怠ったとき、支払い期日の翌日から支払い日の前日までの日数について年14.6%の割合による遅延損害金を支払う義務を負います。

第25条 個人情報保護

1.当社は、個人情報の取り扱いに関するプライバシーポリシーを策定し、本プライバシーポリシーを遵守すると共に、会員の個人情報をはじめとする全ての個人情報を安全かつ適切に取り扱います。プライバシーポリシーは当社ホームページに掲示いたします。
2.当社は、諸会費等の口座振替業務を委託する目的の範囲内で、会員の個人情報を振替業務代行会社に開示します。
3.会員が各種届出書に記載した内容について、当社は登録手続き、諸連絡の他、個人を特定しない形の統計的情報として利用する場合があります。

第26条 諸費用の変更並びに運営システム変更について

1.当社は、本規約に基づいて会員が負担すべき諸費用について当社が必要と判断したときは、会員の事前の承諾を得ることなく変更することができます。
2.前項同様に施設運営システムを、当社が必要と判断したときは、会員の事前の承諾を得ることなく変更することができます。

第27条 細則

本規約に定めのないもので本施設の管理運営上必要な事項について、当社は、諸規則、注意事項、案内等を定めることができるものとします。

第28条 本規約の変更

1.当社は、以下のいずれかの場合に、当社の裁量により本規約を変更することがあります。
 (1) 規約の変更が会員の一般の利益に適合するとき
 (2) 規約の変更が規約の目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、規約の変更をすることが変更に係る事情に照らして合理的なとき
2.当社は前項による規約の変更にあたり、変更後の規約の効力発生日の1ヶ月前までに、規約を変更する旨、及び変更後の規約の内容とその効力発生日を当社のホームページ、その他当社が定める方法により通知します。
3.変更後の規約の効力発生日以降に当社の本サービスを利用したとき、又は前項に定める規約の変更の通知後1ヶ月の経過をもって、会員は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第29条 準拠法

本規約に関する準拠法は日本法とします。

第30条 管轄裁判所

本規約に関連して紛争が生じた場合は広島地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第31条 発行

2022年4月

Scroll to Top